明龍館恒例お花見会と4/9の稽古

4月8日(土)、
毎年恒例、野田同好会主催の『明龍館お花見会』が行われました。

同好会の垣根を超えてみんなで合同稽古です。

5月の演武会は、今までの同好会単位ではなく、明龍館として出場することになったので、
その前のいい顔合わせとなりました。

item[2].jpg

item[1].jpg
少年部は帯ごとに分かれて。

加須から参加したH-yatoとH-rokiも、いつもと違う場所とメンバーの中で頑張ってました




その後清水公園に移動して、お花見をしながら稽古後のおいしい一杯(ジュース&ビール)
DSC_0391.JPG

今年はちょうど満開でした









そして4/9の稽古は…




【少年部】

久しぶりに全員そろい、また体験のR君も先週に引き続き来てくれて総勢7人でスタート。


稽古が始まる前から体育館中(?)に響き渡る声。

どこまでも元気印の加須少年部です。



マットを使っての前方回転受け身。

DSC_1652[1].JPG




ちゃんとした「気を付け」からの号令移動。

DSC_1655[1].JPG



正座法、ペアになってチャンピオン決めをしました。

DSC_1659[1].JPG




その他、


膝行法

片手持ち肘当て呼吸投げ(二)

正面打ち自由技2本




最後の運動

DSC_1662[1].JPG



最後の整列がちゃんと出来なかったので、ペナルティで腹筋です(^^;

DSC_1665[1].JPG

チョンボをしている子はいないかな…





【一般部】



臂力の養成(一)(二) 相対

正面打ち一ヶ条抑え(一)立ち技・座り技

肩持ち一ヶ条抑え(一)立ち技・座り技

肩持ち小手返し(護身技)

終末動作(一)(二) 相対




DSC_1668[1].JPG


DSC_1666[1].JPG

正面打ち一ヶ条抑え(一)
基本中の基本の技ですが、それゆえに奥深いですね。


一般部会員のKさんが帰宅後に昼間習った護身技をご主人で試したそうです。
そしたら見事(?)技がかかかり、ご主人をやっつけたとか…笑
(練習台になってくれた優しい旦那様です)

合気道といえば護身技、とっさの時に何か1つでも技が使えるようになりたいですね!


続きを読む

春の審査MVP発表と4/2の稽古

四月に入り、やっと春らしいお天気になってきました。
桜の開花はボチボチですが、入学式の頃には満開になるのではないでしょうか(*^^*)


この日の稽古はカメラマン(?)不在のため写真が撮れませんでしたので、
鴻巣の河津桜を載せておきます^^;

IMG_2690.JPG



【少年部】

春休みの影響か(影響だろう…笑)、本日はSと体験に来てくれたお子さんの2人で基本に忠実に稽古をしました。



構え

正座法

膝行法

前方回転受身(マット使用)

後方回転受身

片手持ち呼吸投げ

すり足

膝行相撲

基礎運動



来週はみんな揃うかな…。




【一般部】



終末動作(一)

片手持ち四方投げ(一)

正面打ち四方投げ(一)

正面打ち四方投げ(かかり稽古)











そして…、

2017春の審査MVPが明龍館のブログで発表されました。


加須同好会の栄えあるMVP第一号は、

小松丈一郎君となりました。




以下ブログからの転記です。



IMG_2730.JPG



指導者から一言:昨年の加須同好会発足時に入会した小松3兄弟の長男です。元気印の3兄弟の中で、やはり長男!まじめで先生の話をしっかり聞いて、ちょっと羽目を外しがちな次男・三男をしっかりまとめ頼りになる加須少年部の兄貴的存在です。

選定理由:審査の前の週に加須元気少年部は、稽古始まる前はみんなで楽しく鬼ごっこ的に道場を走り回っていました。そこへジム先生から「喝っ!」、「審査前に遊んでいいのか!」。審査当日、丈一郎は道場に入るなり弟を引っ張って「早く、稽古しよう!」と自主稽古はじめました。この姿勢が丈一郎です。


名前:小松丈一郎


入会:平成285

好きな技:片手持ち側面入身投げ(一)

審査の思い:合格できるよう、がんばろうと思った。




おめでとうございます


ジュニア大会でのひたむきな演武も丈一郎らしかった。
これからも、目標に向かって頑張って下さい



posted by 加須同好会 at 12:21Comment(0)稽古

3/26の稽古

【少年部】

DSC_1586[1].JPG

3組に分かれて、正座法の正確性を競いました。




DSC_1587[1].JPG

2人一組で、センターまで膝行法で進み、タッチして戻ります。




DSC_1596[1].JPG


今日は、後方回転受身で明龍館初の稽古を取り入れました。


二人で手をつなぎながら一緒に回転する方法です。

足をまっすぐ後ろに正確に伸ばさないと、ぶつかってしまってうまく回転出来ません。


ぶつからないように気を付けながら…。



DSC_1598[1].JPG

見事、出来ました




☟動画はこちらです


       ☟


この稽古を生かして…、


後方回転受身で受けをとる「片手持ち入り身突き」を行ないました。


DSC_1606[1].JPG






最後は、親子・兄弟に分かれて基礎運動。

DSC_1610[1].JPG


ちょっときつい腹筋も、ファミリーでほのぼの。






【一般部】


回転動作

正面打ち四ヶ条抑え(二)

正面打ち三ヶ条抑え(二)立ち技・座り技

三ヶ条から連行法

終末動作(二)




回転動作の稽古。


回転し終わったところで、肩と胸の位置がずれないように(後傾しないように)。

また、足を大きく回転させ、重心をしっかり落とすように意識しながら行いました。


DSC_1622[1].JPG



DSC_1624[1].JPG



DSC_1629[1].JPG

みんながこっちを見てるのは、鏡を見ながら自分の肩と胸の位置がずれていないかチェックしているからです。
いい感じですね



ジム先生の稽古はサプライズがあり、楽しいですね。

頭で考えるだけでなく、体感しながら覚えられます。


あっという間の1時間でした!



posted by 加須同好会 at 11:24Comment(0)稽古